ざくざく刺し子のジャケット(12月7日)

0

    今日はオカリナ教室です。午前も午後も老人ホームでのボランティア曲を練習です。

    「すごいですね、色んな曲を練習するのですね。」と先生に言ったら苦笑いしながら「讃美歌から演歌まですごいですよねみなさんは」ですって・・・・・でもやる気が一番、頑張っています。

    今日は忘年会のお話も盛り上がりました、11日が忘年会だそうで(ご苦労会と言っていた)私は参加できるでしょうか?

    007004

    チクチク粗刺しのコタツ掛からジャケットを作りました。(ボタンホールは明日の仕事)

    製作の合い間に昨日の布を洗濯します。

    オカリナの音色を聞きながら4回も洗濯機を回しました。

    003011010

    さーてさてと何を作ろうかな?


    骨董の市場へ(12月6日)

    0

      久しぶりの骨董の市場へ行きました。「久しぶりだね」とみんなと話し込んでいたら、あっという間に時間が過ぎて、仕入れもあまり出来ずに終わってしまいました。

      その後に、この布を買ってくれだとか、この布あげるとか、骨董屋さんにかまわれて、何とかいい布に出会いました。

      015 016

      帰り道、先ほど一緒だった追分の骨董屋さんのお店へ寄り道して・・・・・

      素敵!クリスマスバージョンでした。

       

      017 018

      洋風なお店になった「かれん」さん、素敵にディスプレーしてありました。

      綺麗に片付けて素敵なお店です。「結構人来るのよね!」とお店番の方のお話に、「そりゃそうでしょう、素敵だものね」、隠れ屋的な素敵なお店に変身したのでした。

      結構いつでも営業しているみたいで、お立ち寄りくださいな。軽井沢町追分の分去れ近くの18号沿い「かれん」さんです。


      今年最後の染め日和(12月5日)

      0

        朝からご飯も食べないで染め場のガスに火をつけます。さあ、染めやりますよ!

        栗イガの煮出しは先週から出来ていたので、染から始めます。

        004 005

        刺し子用に木綿の糸を3種類染めました。細・中・太と柔らかい綿糸です。

        毛糸も染めて、頼まれものの旗も栗イガ+おはぐろで染めました。茶味がかっていますが実物はもっとグレーに近いです。でももう一度染め重ねようか・・・・・・・迷い中!

        ピンク色は茜染めです。

        黙ってもくもくと午後までやっておりました。

        水仕事なので、染めをした日は体の芯から冷えるのです。

        今年最後の染となります。

        013

        沢山のゆずを頂きました、群馬のゆずだそうです(群馬は出来るんだ!)。どうしようか考えないで片っ端から使います。

        008

        野沢菜の切り漬けゆずを入れました、すぐに食べるのこれに限る。もちろん樽にも漬けてあります。

        そしてゆず入りパウンドケーキも焼きました。(ちょっと皮を入れすぎて苦い、大人の味って言おうか)

        後はゆず湯とゆずハチミチかな?ほかに・・・・・・・・

        014

        乾ききらないので夜は室内に干します。チクチクに使うのが楽しみです。

        もちろん販売用にもまわします。


        ベランダが出来ました。(12月4日)

        0

          今日はベランダの床張りが完成しました。後はハヤシノオッチャンが手すりを付けるよていです。

          早く作ってくれないかな?

          写真を忘れて夜にパチリ!雨が降ってきました。

          013 014

          今日は忙しい一日で、お客様が多く大忙しでした。ベランダの手伝いは出来なかったけれど、野沢菜を漬けて、スカートの続きを縫って・・・・・・

           

          009011

          後は暇を見つけてはセッセコとちくちく刺していきます。


          12月の予定

          0

            むぎ草12月の予定

            営業時間 11:00〜5:00

            むぎ草のお休み・・・・・・水曜定休日

            12月28日頃まで何となくやっています。

            安藤かハヤシのおっちゃんどちらかが店番しています。

            商品についての説明をお聞きになりたい方は連絡してから来られる事をお勧めします。

            むぎ草連絡先(0267−24−8222)外で仕事している時は出られませんごめんなさい!

             

            むぎ草教室

            オカリナ教室・・・・・12月7日と21日(水)

             

            編み物教室・・・・・・12月14日と26日

             

            機織教室・・・・・・随時

             

             

            むぎ草イベント

            「クリスマス・お正月展」

            クリスマスモードに入っています。お正月に良い器など骨董も作家やから持ち帰り沢山並んでいますよ。

             

            むぎ草・店外販売

            12月18日(日) まつもと古市 に出店します。

            松本城の入り口、「松本城大手門枡形跡広場」(四柱神社隣)

            「まつもと古市(ふるいち)」は、松本の城下町で毎月1回開催される、古いものと古いものを愛する人が集まる蚤の市。ガラクタから骨董までジャンルは様々。お気に入りの一品を探しに、どうぞ古市にお越しください。と言う事で、若い人たちの集まる古道具市です、その中におばさんは入れてもらっています。(少し浮いてる)


            ベランダ作り(12月3日)

            0

              今日は念願のベランダ作り

              001

              大工ならぬ大六(何でもやさん)が仕事場で防腐剤を2度塗りしたものを運んできました。

              002

              庭が作業場に早変わり

              003007

              今日のところはこんな感じになりました、明日仕上がります。

              今回の見所は、板がリサイクルの足場板。何度も使われた足場板、今回縁あって我が家へやって来ました。

              私は見てばかりじゃ手伝いにもならず、お正月用の筒描きのタペストリーを作りました。

              005

              縁起物の図柄です。下の赤い植物のようなものは珊瑚でしょうか?

              めったにお目にかかれない図柄の筒描きです。色も綺麗に残っています。


              丈90cm柿渋染のジャンバスカート(12月2日)

              0

                持ち越しのジャンバスカートが出来ました。

                009 010

                ウエスト切り替えのものと

                 

                013 014

                ストレートのものと2種類出来ました。

                少し厚手の布に手描きの葉っぱを描いた布を入れてみました。

                さあ、どちらがお好みですか?


                作家や(12月1日)

                0

                  今日は最後の掃除に作家やへ行ってきました。

                  作業もすぐに終わったので、二人で軽井沢の今年最後のお茶して帰りました。写真はこれでもフレンチトーストです。

                  002 001

                  「カフェ涼の音」も4日までに営業とかで静かです。

                  家に帰りリース作り。(前回作ったのが全部無くなってしまったので)

                  006008

                  今日はユーカリをベースに赤い実をつけました。

                   

                  007

                  こちらは去年のリメークです。唐辛子を取り替えて、ユーカリをつけました。

                  こんな事して遊んでいたら、予定の仕事が後押しになってしまいました。


                  古布の整理(11月30日)

                  0

                    最近入った古布の整理をしています。

                    002

                    筒描きの布をタペストリーにしてみました。

                    お正月用に・・・・・

                    あとの布はまだ何にするか思いつかない。

                     

                    以前からの持ち越しコートです。

                    出来上がっていたけれどボタンが揃わなくて、でも揃わないボタンを付けて今日送り出しました。

                    (これくらい手作り感があってもいいんじゃない、って友だちも言ってくれたから後ろ押しされてこんなボタン)

                    003 004

                    幕末はあろうかと思われるかなり古い筒描きです、麻の手績みの糸で縫ってありました。結構よれよれですが繕いながら出来上がったコート。しばらく眺めていたけれど、11月も終わりだから待っている方に送りました。

                    007

                    裏はハヤシのオッチャン手描きの柿渋布を使いました。少しはしっかりするかしら・・・・・・・

                    明日はやりかけの柿渋ワンピーを作ります。やりかけばかりで早く終わらせなくてはね。


                    「太布」の旅から帰って来ました。(11月29日)

                    0

                      25日からの旅は、新しい事を知る旅でした。

                      まずは25日、京都北野天満宮の天神さんの市に行って来ました。

                      012014

                      ここで目的の骨董屋さんでとっても良い筒描きを頂きました。久しぶりの再開に、元気になられた御主人の話を聞いて一安心。お店も新しい所に移って順調らしいです。良かった良かった。

                      みかんを買ったり、オオヤ珈琲を飲んだりそこに居合わせたおばさんとおしゃべりしながら、まったりと過ごす京都の市です。「又今度この辺で会おうね」と言われ、本当に次に行くと会えそうな気がしてきました。

                      私は早々とここでお金を使い果たし、後は貧乏旅行となりました。

                      筒描きは後日タペストリーかコートの出きればと思っています。

                      024034

                      次の日は徳島に移り「古代織りツアー」へ参加しました。今回のテーマは「太布」

                      初日は、楮を原料とする太古の布「太布」を作り続けている作家の石川文江さんの工房訪問です。

                      地元の太布のを勉強して、新たな太布・・・・楮布(カジフと読ます。)を作り発表されています。楮の栽培から、糸を取るまでの大変な作業を垣間見ることが出来ました。こつこつと一人楮布を作り続ける石川さん、いつか作品展を見てみたいと思います。

                      そして次の日、徳島市内から片道3時間の山奥・・・・・木頭・・・・

                      044049

                      こちらは、村ぐるみで太布を伝承している木頭の村。昔を復元し、こちらもカジ布やコウゾ布を作っています。1年に2〜3反しか出来ない手間のかかる布は本当に貴重なものです。山奥だからこそまだ昔の太布が残っていてるのですね、もう民俗学の分野です。

                      こちらでも糸を作るまでの貴重な体験をさせてもらい、身近な植物で出来るんじゃないかとの思いも持ちましたよ!

                       

                      そして最終日

                      064

                      徳島の藍染作家さんのアキヤマセイコさんによる藍染指導と藍師新居さんのすくも作り見学でした。上の写真は七色を出す藍のタペストリーです。

                      079081

                      アキヤマ先生と藍師の新居さんです。藍甕も広く染めやすく作られています。

                      087089

                      すくも作りは神聖なもの、お神酒を上げてありました。右はすくもの切り替えし。4ヶ月かかって私たちが使うすくもの完成です。

                      新居さんに「藍染が上手くいかないんですよね」と言ったところ「藍と相談してるか、藍の都合で染めんといかん、あんたの都合で染めるからや!」とぴしゃりと言われ、その通り。これからはもっとゆとりを持って納得いく藍染めが出来るようにしなきゃね。

                      そんなこんなであっという間の旅でした。内容も濃すぎて消化するのに時間がかかりそうですが、これからの課題も沢山出来て今日から又作品作りにかかります。


                                  
                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << December 2016 >>
                                  
                      links
                      ギャラリーむぎ草
                      小諸市石峠1005-26
                      サンラインより入る
                      Tel.0267-24-8222
                      http://mugikusakobo.com/
                      mugikusakobo@ybb.ne.jp
                      水曜日休み
                      むぎ草のクラフトと骨董
                      再びネットショップに挑戦!クラフトに加え、骨董もはじめました。 生活の中で普段使っていただきたいものばかりです。お手頃な値段の物をそろえてみました。 折々の暮らしのなかでの使い方を一緒に考えていきませんか?暮らしを楽しみつつゆったりとしたひと時を過してもらいたいと思っています。

                      むぎ草のクラフトと骨董
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM