旅の終わりはうどんで〆(6月17日)

0

    楽しい富士の旅から先ほど戻りました。

    P6170820 (1) P6170821 (1)

    四季彩堂では、本家本元の「ぶすっ娘」がお出迎え。巷には類似品が沢山出回っているのですが、本家本元はやはり迫力が違います。

    P6170824 (1)(今日の富士)

    今回もいろんな出会いがありました。食べ物ツアーでもしているかの如くおいしい物にもありつけました、ウッシシ

    いけないイケナイこんな卑しい私ではなかったはず、でも卑しいのです。

    作家仲間のHさんに連れられて地元のおいしいお魚をいただきに。話に夢中で写真を撮り忘れた!話は尽きずまたいつかお会いした時に続きをとお別れしました。

    富士市は田子の浦の港町もあるんですね、知らなかったです。

     

    P6170822 (1)P6170823 (1)

    そして四季彩堂へ行ったなら一度は食べたいかき氷

    人気の氷は全て手作りこだわりの素材です。私は「抹茶全部のっけ」をいただきました。喫茶室もレトロ風で素敵です。

    行きの道中で気になったうどん屋さんへ行ったところ、7時までで私は7時2分に到着、「すみませ、おうどんいただけますか?」と暖簾の降りた店内を伺うと、まだお客さまは食事中で、おばさんが「一人ならうどんだけね」と言われざるうどんをいただきました。

    P6170826 (1)

    「千座」と書いて「ちくら」と読むそうです。うどんやのおばちゃんはお隣の神社の奥様だそうで、神社の行事の後の直会(なおらい)や寄り合いという意味あいがあり、多くの人の集まる所、と言う事だそうです。(と聞いた)

    店内は私の生まれた昭和30年代にタイムスリップ、懐かしい!レトロ風じゃなくて本当にレトロです。

    P6170827 (1)

    そのうちお客様は帰られて私一人。

    うどんが出てくるまで時間がかかり私は映らないテレビを見ながら昔を思い出していました。

    P6170828 (1)

    このうどん、ゴマダレでいただきます。薬味はなく、うどんの上にキャラぶきと茹でた青菜が乗っていました。

    一本一本が長く腰のあるうどんですゴマダレもおいしい!おいしくいただきました。

    おばちゃんに聞かれ、私がここを通る経緯を話すと、「私も染めをしているの」と型染えお奥から出してきて見せてくださいました。家紋の型染を頼まれたと、布に5センチぐらいの家紋を染めたものをいただきました。まあ、何をお返ししようと考えていると、渡しそびれたお菓子が一箱残っていたので、それをお礼に持って行くと、またまた染め抜いたエコバッグをいただきました。行ったり来たりしながら、また必ず来ます。とお店を後にしました。「火曜日休みだからね」と念押しされて・・・・・

    今回そんなこんなでコンビニ・ファミレスに頼らない私の旅は、グルメの旅へと変わりました。(大変な時もありますが)

    あー食べ物の話じゃなくて、布の話したかったのにすみません。

    家に帰ったら注文の布も届いていました。明日から作ろう、まずは‥‥


    四季彩堂・富士吉原店(6月10日)

    0

      山梨から富士山を回って、富士市まで搬入方々四季彩堂へ行って来ました。

      P6090739

      四季彩堂・富士吉原店での展示会です。初めての場所で行き着けるか心配でしたが、何とか到着!

      P6080738

      お店の皆さんに助けられ、良くしていただきながら何とか2日間展示販売してきました。

      P6090760

      お近くの古布好きさんや作家さんも来て下さいました。

      P6090741 P6090750

      花華(はなはな)さんとちくちく男子さん、さすがの出で立ちでお越しくださいました。

      P6090746

      サクラちゃんママも素敵なバッグです。

      P6090752P6090748

      皆さんそれぞれに素敵なバッグをお持ちです。

      その他にも写真を撮り忘れた作家さんHさんや、骨董屋さんのGさんなど、この地方の古布好きを育てた方々、皆さんと古布談義にも花が咲きました。

      吉原はちょうど祇園祭とあって、とても賑やかです。

      P6090761 P6090763

      小諸では見られない立派なお神輿や山車が通りを練り歩き、数えきれないくらいの出店。

      私は一人でお祭りを見物。夜の食事処を探したけれど、ボッチではこのノリには付いていけず、行き当たりばったりに誰も入っていなカレー屋へと逃げ込みました。

      P6090764

      ここにもお祭りに入っていけない3人組が。ナマステと入っていき、冷たいカレー(?)をいただき、日本語の流暢なインド人の身の上話を聞いて、ダンニャワー(ありがとう)とインド人3人に教えてもらった挨拶でカレー屋を後にしました。こんな事もささやかな旅の楽しみ・・・・・・

      そして今日、寄り道しながら小諸の家に帰り着きました。

      今度行くのは週末6月16・17日に四季彩堂へ伺います。何かお持ちするものがあれば連絡下さい。あっ、草木染糸とボタンは忘れずに持って行きます。

       


      駒ヶ根から帰ってきました。(6月2日)

      0

        駒ヶ根「杜の市」に出展してきました。

        二日ともとてもいいお天気で沢山の方に来ていただきました、ありがとうございました。

        P6030691

        大好きな場所に設置して、桜の木の下でお店を出しました。

        P6030699

        甲斐駒ヶ岳も奇麗です。何度も来ていますが、いまだにロープウェイに乗ったこともなく、クラフトフェアの場所でうろうろするだけの私です。いつかはロープウェイに乗りたいな!

        P6030697

        のんびりとコーヒーを淹れて飲んだり、午後はソフトクリームを食べたり、ゆったりモードです。

        P6030692

        このオイチャン、以前作家やにも出展していたアンティークビーズのバークレーさんなのですが、アフリカンダンスを踊りすぎてくたびれています。

        私と同じ年と言う事で、彼を見て私もこんな感じの年なんだと思いつつ(失礼)、こんなに年をとったのねと寂しさもあります(またまた失礼)。まだまだ若いつもりの私でもクラフトの出店者は年々年下が増え、今ではベテランの域に入ってしまっているようです。しかしもう少しこの自由な雰囲気を味わいたいと思っています。


        明日から駒ヶ根「杜の市」に行って来ます。(6月1日)

        0

          明日から駒ヶ根の「杜の市」です。

          ハルチャンが手伝いに来てくれることになり、二人で出かけます。よろしかったら遊びにいらして下さい。

          私は「菅の平」会場つり橋近くの森の中にいます。本部の近くなので、本部を目指しておいでください。

          さあ、早く寝て早く出かけよう!


          お江戸から帰ってきました。(5月28日)

          0

            日本橋三越の催事「クラフトフェア」から帰ってきました。

            今回もいろんな方との出会いがあったり、またお知り合いの方が遠くから遊びに来て下さったりと楽しい時間を過ごせました。

            P5240643

            古布の作品を長年作り続けている先生がお隣で、いろいろと面倒を見てもらい、布までいただいたりしてお世話になりました。

            また同じフロアで開催されているパッチワーク展のショップでバッグに良さそうな付属品を購入できて、制作意欲が沸きます、今の頭の中は作りたいものばかりです。

            P5290645

            帰ってきたら月に2回届く卵屋さんの卵がお手紙と一緒に届いていました。雑草生い茂る時季となったようです。明日からいつもの生活に戻ります。

            私の居ない間に、ハヤシのおっちゃんはちゃっかりお店に来たお客さまを捕まえて、薔薇用のパーゴラみたいなガゼボのようなアイアンの支柱をの注文を受けて作っていました。明日よく見よう(写真を撮ります)・・・・

            私は今週に続けて、今度の土・日曜日は駒ヶ根の「くらふてぃあ杜の市」に出展です。雨が降らなければ良いのですが‥‥・残り少ない時間でまた準備をします。


            明日からお江戸へ行って来ます。(5月21日)

            0

              明日の準備も終わって、最後の荷物を送りました。

              P5200634

              これで忘れ物がないかな?忘れ物は明日は手運びとなります。

              初めてのところで、不安もありますがよろしかったらいらしてくださいませ。

              P5160613

              またまたDMを載せましたが‥‥

              ネット環境が良くないので、ブログは更新できないかもしれません。

              上手くいけば更新します。

              では1週間後ご報告を!


              「お雛さま展」真っ最中(2月26日)

              0

                お雛さま展も何とか慣れて来て、今日はさほど寒くもなくと言いながら、小さな部屋にストーブ2台とエアコンで戸を開けてお出迎え。なんとも効率の悪いことをしています。

                P2260055 P2260054

                先日来て下さった方が、又おしゃべりに来て下さったりして賑やかに過ごしています。時間も11時から4時と短く、それでも3時半には片づけ始めて、のんびりムードP2260059 P2260058 P2260060

                私は日がな所沢西武のDMを書いていました。慌ててて一言の近況を書き忘れてしまいましたが・・・・郵便局へ走り込みました。(すぐ近くにあるので便利)

                P2270062

                ハガキを出しに行ったら、郵便番号がわからない方が数枚あったので調べようとしてら、親切に調べて書いてくださるとの事、切手もムーミンを購入して貼ろうとしたら、貼ってくださるとの事。さすが小諸です。忙しい私は親切に感謝。

                P2260050

                差し入れの自慢焼きとコーヒーでホッと一息、今日も一日ありがとうございます。


                ボタン(2月21日)

                0

                  明後日から始まる「作家や」主催のお雛さま展。小諸市の「お人形さんめぐり」の後半期間でお店を出します。場所は小諸市本町の「萬屋骨董店」の隣の掛川邸(空き店舗)です。

                  と言う事で、メインは竹内さんの縮緬のお雛さまと、古いお雛様やお道具。そして陶器や木工、古布や古布の服。

                  そんな中、今日木工の佐々木さんの荷物を預かりました。今回はボタンと持ち手だそうです。持ち手もアジアの物に比べて(市販のはほとんどアジア製)木の材質もはっきりとわかり、塗料も漆か自然塗料と本物追及の品物です。なんたって作りが丁寧です。

                  申し訳ありませんが、先に私の分はゲットしてしまいました。

                  P2220015 P2220016

                  春からはクラフトフェア販売のため「作家や」に出してもらえないので、今回は購入するいいチャンスです。

                  右側は一つ穴で、バッグのファスナーに付けようと思います。

                  持ち手はちょっと高価なので考え中‥‥・

                  よろしかったら、2月23日〜3月4日まで行う「作家やのおひな様展」でご購入下さい。

                   


                  池袋から帰ってきました。(2月20日)

                  0

                    1週間の池袋生活から帰ってきました。

                    今回はお泊まりも、去年の三畳一間の山谷のゲストハウスから所を変えてアットホームなビジネスホテル、キッチン付きにしました。住宅街にあり、のんびりと通勤を体験して都会の暮らしを感じた1週間でした。

                    P2150012

                    池袋では、古布の片桐先生やジュエリーの平野先生にお世話になりながら楽しく過ごすことが出来ました。池袋のお客様は去年に続き1年ぶりでしたので積もる話に花が咲きました。また遠く千葉やつくばなどからも来て下さり、感謝です。

                    帰りの新幹線に間に合わそうと、急いで片づけて、お礼もそこそこに帰ってしまい、後で後悔。スタッフの皆様ありがとうございました。

                    家に帰ったら、日暮里で買った布が届いていてうれしい!

                    P2210013

                    今回の目的は安くなっているくたくたの自然体ウールでしたが・・・・・お店には春に向けて、リネンや二重ガーゼなどが並んでいて四重ガーゼなんてのもありました風合いが良かったです。布を見たらウールの事はもう忘れてしまって、いろいろと春物を物色しました。写真のものは、ミシン刺繍のナチュラルコットン。去年はこのタイプの黒でワンピースを作って夏中着ていました。今回は生成りだから、スカートかな?二重ガーゼも何種類か買ったので、古布と合わせてブラウス作ろうと思います。

                    古布三昧の1週間。少し離れて自分用を作ってみようかな?


                    千葉から帰ってきました。(1月30日)

                    0

                      千葉そごう「工藝の蔵」では多くのお客様、お店のスタッフの皆様その他多くの皆様に本当にお世話になりました。ありがとうございました。

                      4年ぶりと言う雪でスノーブーツで出かけた私ですが、何てこともなく無事過ごせました。

                      image

                      そして今回は小諸から2泊で遊びに来てくれたEさんと、東京ドームのキルト展を見てきました。

                      P1300018 P1300023

                      素敵な作品が沢山でうっとりと見とれてしまいます。このバッグも実物はもっと素敵でしたよ。

                      P1300020

                      古布を使った作品も何点かあり、日本のキルトでは藍染も沢山ありました。

                      私は根気がないので、何か月もかかって作り上げられるキルトに只頭の下がる思いです。

                      で、何を買ったかって?アンティークレースの店に足が止まり、飯塚先生にお話を伺いながら作品の説明などお聞きしました。

                      P1300014P1300011

                      フランスのアンティークの布で作ったがま口や、先生のご本などが手に入りました。(後ろに隠れてるお花のネックレスも)なんだかほわーっとした気分です。

                      いや、本業の古布も・・・・顔なじみの出貝さんにお世話になり、今回もいい布を分けていただきました。

                      P1300017 (1)P1300020 (1)

                      秋田刺し子の股引

                      ひよこパンツを作るか小物づくりに使うか思案中?

                      P1300015(金沢の木綿風呂敷)

                      夏物ワンピーですな!

                      P1300016 (1)筒描布

                      無地と合わせてスカートorパンツかな?

                      P1300021 (1)ちくちく刺し

                      これはもうスカートでしょう。

                      と、いろいろと考えながら布選び。出貝さんたのしい時間をありがとうございました!

                      帰りは東京駅のステーションギャラリーに寄って、展示を見てきました。ピカソの本物も見れて、次回上京の折には又寄りたい。レンガ造りの東京駅の壁もそのまま生かされた素敵な空間でした。

                      と盛りだくさんの東京観光。帰りの新幹線で小諸の別の友達とも会って(彼女もキルト展だそうで)「小諸で会わないのにこんな所で会うのね」と近況を報告し合いました。

                      本当に盛り沢山で、ちょっとお疲れモード。人当たりかな?

                      明日は平常に戻って、たまった仕事もやらなくっちゃね。


                                  
                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                                  
                      links
                      ギャラリーむぎ草
                      小諸市石峠1005-26
                      サンラインより入る
                      Tel.0267-24-8222
                      http://mugikusakobo.com/
                      mugikusakobo@ybb.ne.jp
                      水曜日休み
                      むぎ草のクラフトと骨董
                      再びネットショップに挑戦!クラフトに加え、骨董もはじめました。 生活の中で普段使っていただきたいものばかりです。お手頃な値段の物をそろえてみました。 折々の暮らしのなかでの使い方を一緒に考えていきませんか?暮らしを楽しみつつゆったりとしたひと時を過してもらいたいと思っています。

                      むぎ草のクラフトと骨董
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM